コンプレックスのいぼを美容整形で改善する

いぼ治療の治療費

女性

いぼ治療には健康保険が適用される治療方法と、健康保険が適用されない治療方法があります。たとえば液体窒素による凍結療法や、医療用ハサミやメスでの切除では健康保険が適用されいます。1箇所あたりの値段で計算されるため、複数箇所にいぼができている場合は、健康保険が適用されていたとしても治療費用が5000円以上となる場合も多いです。しかしながら、大きさや形状などでも値段が上がってしまうこともあるため、あくまで参考として捉えておくといいでしょう。美容整形外科などでのレーザーによる治療の場合は、保険が適用されないために全額自己負担となってしまいます。いぼ1箇所あたり10000円以上となることもあり、医療機関と比べるとどうしても高額になってしまいます。共通の費用として、これに初診料・診断料・処方箋料などが加算せれます。ただ美容整形外科の場合は、こうした諸費用込みでの値段表示をされている場合なども少なくないため、美容整形外科で治療を検討する場合には事前連絡の際やカウンセリングで確認をするようにするといいでしょう。事前に確認しておくことで、後から費用が追加されていくことを避けることができます。確認を怠らないようにしておきましょう。料金面から考えると医療機関で治療をする方が安上がりに済みますが、凍結療法は痛みを伴う場合や色素沈着が残ってしまうというリスクから、目立つ部位や顔などの場合は費用が高くなってもレーザー治療を選ぶ人は少なくありません。レーザー治療でも痛みを感じる場合はありますが、輪ゴムで弾いた程度のバチッとした痛み程度だと言われています。
場所やサイズで痛みが強く出そうな時には局所麻酔を利用することもできますので、痛みが苦手な人もレーザー治療を選択する場合が多いです。凍結療法に比べると仕上がりもレーザー治療の方が綺麗になることが殆どです。また、痛みに強い人は凍結療法にすら頼らず、自身でハサミや糸を使って処理をするといった人も中にはいます。同様に治療を行ったが再発してしまったので、仕方なく自分で処理をするといった例などもありますが、消毒が不十分だと炎症を起こしてしまい、思わぬ被害が出てしまうことがあります。他にもウイルス性のいぼであった場合、切った傷口からウイルスに感染した肌細胞が漏れ、再発はおろか患部が広がってしまうことがあります。自身で処理をするのではなく、いぼを処理する場合は医療機関や美容整形外科を頼るようにしたほうが無難といえるでしょう。ですが医療機関や美容整形外科で治療を行った後も、ケアを怠ると再発してしまうことはやはりあります。治療後はなるべく紫外線を避けたり、生活習慣を改善して免疫力を向上させたりするなどして予防を行っていくようにしましょう。再発を防ぐだけではなく、いぼになりにくい身体作りを目指していきましょう。