コンプレックスのいぼを美容整形で改善する

様々ないぼの種類と原因

医者

いぼは様々な種類がありますが、その原因はウイルス性のものである場合が大半です。このウイルスはヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが、皮膚の小さな傷口から入り込んでしまうことによって、いぼとなってしまいます。このウイルスはとても種類が多いウイルスで、100種類以上存在します。そのほとんどは放っておいても自然治癒する良性のものとなりますが、悪性のウイルスも存在します。まずは市販薬で改善できるか試す人も多いでしょうか、ウイルスの種類が多いために購入する薬が感染しているウイルスに対応していないと効果が効かない場合などもあります。ウイルスの感染経路は現代医学でもはっきりとしていなくて、自然界や人の体内にも感染原因となるものが存在しているために、感染経路を特定するのが難しいものとなっています。ただ、人から移る際はいぼがある人が近くに居る場合が多いために比較的に分かりやすいです。しかしながら、いぼを予防することはできます。いぼは免疫力が下がっている場所にできやすいものであり、そういった理由から顔や指にできやすくなっています。対策としては、肌に傷などをつけないようにして、皮膚を清潔に保つことを心がけましょう。紫外線などでも皮膚はダメージを受けてしまうためになるべく直射日光は避けることが予防へと繋がります。ウイルスによって種類が変わるいぼですが、一番ポピュラーとされているもので尋常性疣贅があります。尋常性疣贅は手足や顔など、擦れたりしやすいところにできるいぼです。円形で、放置していると次第に大きくなり表面がざらつくようないぼに変わります。他にも加齢に伴って出てくる老人性疣贅といったいぼもあります。老人性疣贅は皮膚の老化現象によっておきるいぼで、「脂漏性角化症」とも呼ばれています。基本は良性で改善するものがほとんどですが、中には癌が原因で発生している悪性のものである場合があります。手のひらや足の裏以外であればどこにでも発症するものとなるため、気になるいぼをみつけたら、まずは皮膚科で相談をしてから美容整形外科などで除去をするようにしていきましょう。また、いぼの中には性病に含まれるものもあります。尖圭コンジロームは性器にできるいぼで、進行することで悪臭を放つようになります。発症当初は自覚症状がないため、進行してから初めて気付くといった例も少なくはありません。尖圭コンジロームは性交渉によって感染してしまう危険性があるため、性病として扱われています。3ヶ月程度の潜伏期間があり、再発や転移しやすいものとなりますので注意が必要です。